24キロ痩せて今もダイエット中のブログ糖質制限と筋トレ

糖質制限でダイエットしたブログ。最高26キロ減で現在24キロ減で停滞中!筋トレも気分転換に

チャコールダイエットは炭を食べてクレンズに!人気の品や飲み方、効果も

黒汁(KUROJIRU)はチャコールクレンズ製品を比較して3つの炭がポイント

f:id:rumimarusr:20180611230231j:plain

海外セレブの影響で、流行に敏感な人たちの間で、最近、チャコールクレンズ(炭によるデトックス)が注目されています。

 

ちなみにクレンズとは、クリーン、すなわち、清浄する、キレイにするという意味で、体内をキレイにすることで内側からすっきりさせることをいいます。

 

簡単に言えば、身体の中のお掃除です。

 

でも炭と聞くとギョッとして、びっくりしますよね。見た目が真っ黒ですからね。

あの真っ黒の炭?食べることができるの?と疑問に思うのも無理ありません。

 

色が黒いから水に入れても、牛乳に入れても黒いままですし、食べても大丈夫かなと思ってしまいますよね。

 

これ、食用の活性炭を使います。

 

ここ最近は着色料として粉末を黒いクッキー、黒いパン、アイシングなど料理に使っている人もいるようです。黒ごま、黒豆など黒い食品は身体にいいと言われるようになってきたこともあるからでしょう。

 

炭は焼いた木の種類や焼き方・温度によって、特徴が異なり、できあがりが違った炭になります。

 

炭には、いろいろと吸着して排出してくれる効果がありますから、主に、身体に不要なものを吸着して身体から出すことで身体の中からデトックスすることになります。身体を重くしない、お腹の調子も整えるというわけです。

 

このチャコールクレンズ(炭によるデトックス)でチャコールダイエットするという方法も海外セレブから来た、ということからもわかるように、コンブチャのようにお腹の調子を整えて、お通じをよくしながら、置き換えダイエットをしよう!とするデトックス系のダイエットになります。

 

今までとは違い、炭を使ったクレンズだから「チャコールダイエット」なのです。

 

 

菌活+デトックス+置き換えによりカロリーダウンのダイエット、という3つ揃ったダイエットと言うのでしょうか。

 

炭というとバーベキューで燃料に使うなどをイメージしますが、ある程度の年齢以上の人でしたら知っているように、冷蔵庫の中に置いてニオイ取りに使われてきました。また、水の中にいれて水を美味しくするなどにも使われています。

 

炭に吸着能力があることは知っている人もいるでしょう。

 

バーベキュー用の木炭ではなく、細かい穴が開いた活性炭ですから、その穴にいろいろなものを吸着してくれるのです。

 

この吸着力を利用して、チャコールダイエットでは活性炭を食べることで身体の中の不要なものを浄化してデトックスしようというダイエットなのです。そもそも炭は炭素ですからね。

 

先ほど書いたように、炭の種類によってその働きは様々です。赤松炭とヤシ殻は普通の炭よりも5倍以上の吸着効果があるといわれます。

 

いわば、炭にも得意、不得意があるのです。調べてみたら、活性炭に吸着力させやすいものは炭の種類によって糖分だったり、油だったりするということがわかりました。

 

例えば、赤松の炭は油の吸着力に優れているなどがあったのです。

 

 

先に結論をいいますと、チャコールダイエットで使われている炭は、松が多いそうなのですが、どうも、糖分の抑制が得意なのは「もみ殻由来の炭」とわかりました。

 

いろいろなチャコールダイエット、炭ダイエット用の製品(チャコールクレンズ)を探したところ、「もみ殻」という文字を見つけたのが「黒汁」(KUROJIRU)だったのです。

 

青汁ではありませんよ。黒汁です。

 

お医者さまも顔出しして黒汁のサイトに出ているということもありますし、使っている炭の種類が3種類と、多かったこともあります。現役の医師、女医さんによる説明もあり、ですからね。

 

チャコールクレンズの商品はいくつか見つけましたが、そのどれもが、松だけだったり、竹だったりして、「もみ殻由来」が見つからなかったのです。

 

そのようなことからチャコールクレンズ系の商品の中で、役割がそれぞれ違う3種類もの炭を入れている製品を見つけたのが、青汁ならぬ、「黒汁」(KUROJIRU)だったのです。

 

公式サイトでチェックへ

>>>>KUROJIRU

 

 

酵素やコンブチャで痩せないという人もいた置き換えダイエット

 

f:id:rumimarusr:20180611230143j:plain

 

ダイエット方法も時代によって次から次へと出てきまして、納豆食べたらいいとか、赤ワイン飲んだらいいとか、ヨーグルトを食べたらいいとか、とにかく何かを食べるといいということを言われてきました。

 

それが最近、ダイエットの世界では口から「入れるほう」だけでなく「出すほう」にも目が向けられています。デトックスを利用するダイエットです。

 

菌活などと言われていますが、やたらと「すっきり」という言葉を聞くように、お通じにも注目されているようです。

 

ただそれは最近だけの話ではなく、身体に悪いものを溜め込むのはよくないということは、何十年も前に宿便を取るのが痩せるためにいい、ということがありました。

 

だから、最近のダイエットも便通を改善して、出すものを出す、という今も昔も結局あまり変わらないことを言っているだとわかります。

 

不要なもの身体に蓄積されると、太りやすいとかリバウンドしやすいと言われています。

 

日経新聞の日経スタイルにも「出す」ほうに着目したダイエットについての記事がありました。

 

 デトックスにブーム再来? 科学的根拠が後押し|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

 

何かをとってプラスの効果を得ようとする「足し算の健康法」が主流だったところに登場した「引き算の健康法」として注目を集めた

 

最近のダイエット方法は、デトックスによるダイエットがブームになってきているということです。「おなかの調子を整える」というサプリメントを多く見かけるようになったと感じる人もいることでしょう。

 

さらには、お通じ改善しながらも、同時に、食事をあるものに置き換える、置き換えダイエットが流行りです。

 

単に置き換えダイエットで一日の総カロリーの摂取を減らしたい。

 

ということだけではなく、プラスして

 

お通じを良くしながら、悪いものを身体に貯めずに排出したい。デトックスしたい。

さらには、もう一歩すすめて、身体にいい野菜の酵素だとかビタミンやミネラルを取り入れながらも体重を増やしたくない。

 

というダイエット方法になっています。

 

どうせ置き換えダイエットをするなら、乳酸菌やビタミンなど身体にいいものは取り入れて、お通じもよくして身体に不要なものは出してしまいたいというのは理解できますね。

 

 

酵素ダイエットやコンブチャダイエットをやる人の増加に従って言われたことは、痩せない、という悩みでした。

 

聞いてみると、酵素やコンブチャを飲みながらやるので、お通じは良くなったものの「置き換え」をしていないようでした。

 

今までと同じように食事をしていたらカロリーは同じままです。いつもの食事にプラスしてコンブチャや酵素も飲んでいるのです。

 

酵素やコンブチャは、かなり甘いことが多いです。値段が安いものの中には、ぶどう糖果糖液糖が原材料名のトップに書かれているようなものもありました。

 

そうなると糖分を取っているようなもので、甘さで一時的に空腹をごまかしているのではないかと思うくらいです。

 

糖分の怖いところは、一時的に空腹を感じなくなっても、またすぐにお腹が減ることです。

 

せめて置き換えするときに、一気に酵素ドリンクなどを飲まないで、ちびちび飲んでいたら空腹を感じるまで時間が伸びたのではないかと思います。

 

とにかく、「置き換え」ができずに、置き換えダイエットになっていなかった、すなわち、体重が減らない、痩せないというのは、今までとカロリーそのまま、それどころか、カロリーが酵素ドリンクの分増えていたのかもしれません。

 

置き換えダイエットなのに、食事の量がそのままで、痩せられないというのは、当然のことです。

 

酵素にしろ、コンブチャにしろ、甘いですから、置き換えていなければ、カロリーオーバーです。

 

置き換えるからこそ、ダイエット成功になるということなのです。

 

 

 

 

黒汁(KUROJIRU)の成分は、3つの炭だけではなく

 

「3つの炭と9つの黒成分、250種の植物発酵エキス、乳酸菌入り」が黒汁の特徴です。

 

これまでのチャコールクレンズは、味のない炭成分だけのもの飲むのがほとんどでしたが、黒汁(KUROJIRU)は、黒糖と玄米の自然な味わいになっています。

 

3つの炭

油吸着と体を温めるパワーで知られる赤松炭、

細孔分布に独自加工され細かい穴が不要なミネラルを吸着して排出してくれるヤシガラ活性炭、

もみ殻由来の炭松色素

の3つです。

 

9つの黒

黒麹菌で発酵されたショウガオールが豊富な黒ショウガ、

和歌山県北村山原産の黒ジャバラ、

4種のアントシアニンを含むといわれるベリー系の黒スグリ、

北海道産の黒大豆で作られた黒大豆きな粉、

アミノ酸・クエン酸などの有機酸が豊富な鹿児島県福山町の伝統製法で作られた黒酢、青森県産の福地ホワイト品種のニンニクを熟成させた黒ニンニク、

蒸すと乾燥するを9回繰り返すことで黒く変色させサポニンの含有量を高めた黒高麗人参、

花から得られた発酵菌を使って発酵させることで抗酸化力280倍のハチミツに仕上げた黒ハチミツ、

スーパーフードとして人気の黒チアシード

 

2種類の乳酸菌

キムチ由来の植物性乳酸菌。免疫力を高めるスタイル乳酸菌

ナノサイズで吸収されやすく、加熱しても壊れにくい特徴があるEF-2001乳酸菌

 

それ以外に、250種類の植物発酵エキスが配合されています。

 

黒汁の飲み方

f:id:rumimarusr:20180611230302j:plain

 

飲み方の一例です。

炭は元々無味無臭なので、ニオイもなく味もないのですが、「黒汁」の場合は玄米の自然な味わいなので、ヨーグルトに混ぜてもOK

 

量を自分で量るのではなく、1本1本小分けになって、簡単に溶かして飲めるようになっています。

 

水やぬるま湯に混ぜて飲むだけの簡単クレンズダイエット、ということです。

 

置き換えダイエットとするなら、水に溶かして飲む、牛乳に溶かして飲む、ヨーグルトに混ぜる方法があります。

 

牛乳を温めてから黒汁を入れて溶かせば、黒汁ラテの出来上がりです。

 

 

箱を開けると飲み忘れ防止カレンダーが付いているので、そこに記録して飲み忘れだけでなく、飲み過ぎにも注意できます。そこには体重も記録できるので、いわばレコーディングダイエットにもなるということです。

 

詳しくは公式サイトへ

>>>>KUROJIRU

 

 

いつ飲む(飲むタイミング)や飲む量

f:id:rumimarusr:20180611230111j:plain

 

健康食品なのであくまでも食品ですから、薬のような飲む時間や飲むタイミングはありません。

 

中には、寝る前に飲んで寝ている間にデトックスして、朝起きたらお通じよく、すぐに出す、ということを実践している人もいます。

 

ただチャコールダイエットでは炭の吸着力を利用するデトックスですから、薬の成分を吸着してしまう可能性があります。

 

薬を飲んでいる人の場合は、飲むタイミングを気をつけたほうがいいです。時間をずらして飲みましょう。

 

「チャコールダイエットでは薬と一緒に炭を飲まない」を忘れずに。

 

使用量ですが、摂取量には気をつける必要があるが、黒汁の場合、粉末を小分けされているので飲む量を自分で分ける必要がないのがいいです。大袋や瓶に入っていて自分で分けるということは必要ありません。

 

ただ、活性炭のとりすぎは、便秘を引き起こす可能性がありますから、摂取量には気をつける必要があります。便秘が過ぎると、お腹が痛くなってしまいますよ。

 

炭は吸着力があるので、水分までも取りますから、便秘になりやすいこともあります。

 

どうしても早く痩せたいからと何本も飲んではいけませんね。

 

 

 チャコールクレンズのデメリットは通販で買う定価の値段が高いこと

f:id:rumimarusr:20180611230053j:plain

 

今まで黒汁のメリット、長所というか、いいところばかり書いてきました。

 

では、黒汁にはデメリットがないのでしょうか。どのような商品にもデメリットはありますよね。人によっても効果に違いがありますし。

 

チャコールクレンズ自体のデメリットとしては、炭が身体に合わない人は下痢になったり、先ほども書いたように炭のとりすぎで、便秘になってしまった人もいるようです。

 

だからこそ、1日の目安量を必ず守る必要があります。

 

また、チャコールダイエットのデメリットとしては、最先端のダイエットなので、まだまだ値段が高いことがあげられます。

 

食用にされる安全な炭を使っていると、値段が高いです。

 

チャコールクレンズの商品を調べてみると1ケ月分が7千円くらいします。

 

しかし、黒汁なら、定期便を選べば、初回の金額は73%オフの1960円(税抜)で、かなり安くなっていてお得感があります。

 

2回目からは5,960円(税抜)になりますが、初回の値段が低いのが魅力的です。定期コースなら送料も無料です。

 

ただし、お得な値段になっているので、定期コースを最低4回以上継続する契約になっています。5回目から解約可能です(ただし、次回発送日の7日前までに電話する必要あり)。

 

どうしても定期コースに抵抗がある人は、通常価格でなら、個別に買うこともできますよ。

公式サイトの真ん中あたりに書いてあります。

 

しかし、通常価格ですから1個が7,460円(税抜き)となるうえ、送料の代金がかかります。

 

もう少しお得に買いたいなら、2個セット、3個セットなどのまとめ買いもできます。

 

ただし、ラクトクコースという定期便、定期コースとは違い、どのまとめ買いを選んでも送料がかかってしまいます。

 

ラクトクコースで最低契約回数の4回まででしたら、合計が19,840円(税抜き)済みますからね。

 

定期コースに抵抗がある人は、値段が高くても通常価格での購入やまとめ買いを、

長く続けようと考えている人は、お得な定期コース(ラクトクコース)を

選べばいいでしょう。

 

購入は、黒汁の公式サイトへ

こちらから

>>>>KUROJIRU