24キロ痩せて今もダイエット中のブログ糖質制限と筋トレ

糖質制限でダイエットしたブログ。最高26キロ減で現在24キロ減で停滞中!筋トレも気分転換に

カスピ海ヨーグルトのサプリメントなら乳酸菌を毎日取るために手軽ですよ

「善玉菌のチカラ」で、クレモリス菌FC株を取る

フジッコといいますと、大豆や金時豆の煮豆、フジッコのおまめさんというイメージが大きいかと思いますが、カスピ海ヨーグルトも作っているのです。

 

カスピ海ヨーグルトについては、以前から何度か書いてきました。カスピ海ヨーグルトの含まれる善玉乳酸菌、「クレモリス菌FC株」なるものが入っているということです。

 

参考ページ

healthpress.jp

 

もともと乳酸菌には、血糖値の上昇を抑える作用があることは知られている。特にある種の乳酸菌を含むヨーグルトは、その効果が高い 

 

 薬ではなく、単なるヨーグルトですから、腸内フローラを意識している私としてはヨーグルトの乳酸菌は欠かせないのです。善玉菌を増やしたいからです。腸内環境は、善玉菌優位にもっていきたいものです。

 

それにこのクレモリス菌FC株は、プロバイオティクス乳酸菌なのですよ。乳酸菌はすべてプロバイオティクスだと思っていたら、違うのですって。いくつかの条件があるのですが、そのひとつが胃や胆汁の影響を受けないで、腸まで届く、ということがあります。

 

>>>> フジッコの善玉菌のチカラで毎朝すっきり。詳しくは→

 

 クレモリス菌FC株はなかなか良さそう

このカスピ海ヨーグルトですが、食べたことがある方は、わかるかと思いますが、ねっとり、ねばりが強いのが特徴です。このねばりがあるので、クレモリス菌FC株が、大腸まで生きて届くと言われています。

 

先ほどのサイトのページにも、このように書かれていました。

 

ヨーグルトが血糖値の上昇を抑える理由として、乳酸菌がヨーグルトを発酵中に産生する物質の一つである「ヨーグルトの粘り成分」が関係している。この粘り成分は、人の消化液で分解されないので、食物繊維と同じように糖の吸収を阻害し、その結果、血糖値の上昇を抑えると考えられる。

(中略)

血糖値を下げるのに関連する乳酸菌には、クレモリスFC株などがある。

 

 

さて、カスピ海ヨーグルトの故郷であるコーカサス地方は100歳以上のお年寄りが多くくらしているということで、自家製ヨーグルトに秘密があるのでは、ということで研究がはじまったそうですよ。

 

大腸がつまってお通じが悪いままですと、長生きもなにもないですからね。そのために、毎日、野菜を食べて食物繊維を取ったり、十分な水分を取ったりして快便を目指したいところです。

 

ただ、ヨーグルトとして(食品として)食べていますと、どうしても善玉菌が生きたまま大腸まで届かないことが多いのです。胃酸にやられるとか、それでも食べないよりは、食べたほうがいいそうですが。

 

どうせなら生きたまま大腸へ送りたいということで、このプロバイオティクスであるカスピ海ヨーグルトが取り上げられ、それをカプセルに閉じ込めて手軽に毎日、摂取できるようにしたのが、このフジッコの「善玉菌のチカラ」とのこと。

 

食品会社ですから、安心、安全なものを届けるという点では安心できますね。

 

一粒に20億個以上の乳酸菌を取るとなりますと、気になるのがヨーグルトの量。それも大量のヨーグルトを食べないといけないのでは、となりますよね。それがサプリメントなら凝縮しているようなものですから、いいですよね。これなら、十分な乳酸菌の量が取れます。

 

f:id:rumimarusr:20160909131205j:plain

 

なお、2017年6月1日から定期購入なら通常価格より1000円引きで始められるように、初回のみ1550円になるそうですよ。スタート価格が変更に。

 

健康補助食品として、カプセル1個か2個、飲めばいいのですから、楽チンです。「続ける」という観点からいいますと、毎日ヨーグルトを食べるのもいいですが、サプリメントとして取るのが楽です。それに毎日、多量にヨーグルトを食べるとなりますと、気になるのがカロリーです。

 

 >>>>>  フジッコの善玉菌のチカラで毎朝すっきり。詳しくは→

 

カスピ海ヨーグルトを手作りしたことあるけれど

それに糖質制限ダイエッターは、気にしていない人が多いですが、普通のやり方のダイエットの人は、ヨーグルト自体に含まれた脂質も気になることでしょう。

 

牛乳からカスピ海ヨーグルトの菌を入れて、せっせとカスピ海ヨーグルトを作るのは、もっと面倒です(私の手作りカスピ海ヨーグルトをご紹介しましょう)。

 

手作りセットで作ってみたシリーズ

>>>>カスピ海ヨーグルトの手作りセットで作ってみた(自作ヨーグルト) 

 

このように大変面倒です(笑)。でも、手作りも面白いですけどね。

 

ヨーグルトは酸っぱくて苦手という人にも、サプリメントならゴクンと飲んでしまえばいいので、乳酸菌を取ることができます(そのうえ、大腸まで届く)。

 

サプリメントですと、旅行先にだって持っていけます。続けるという観点からもいいことです。毎日の快便のためには、継続しやすさも重要なところ。継続はチカラなり。

 

さらにサプリメントですと、カプセルの中に、乳酸菌を助けるものも配合できます。善玉菌のチカラには、海藻生まれの食物せんい、アルギン酸カリウムもプラスしているそうです。海藻のぬるぬるがアルギン酸カリウムですよ。乳酸菌に食物繊維と両方が摂取できるという点がまさに、サプリメントだからこそ、できることです。

 

そのうえ、乳酸菌だけのサプリメントですと、カルシウムが取れませんが、この善玉菌のチカラには、カルシウムも入っています。日本人が不足しがちなカルシウムも配合しているということで、乳酸菌単独のサプリメントより身体のためにいいのです。

 

毎日のお通じは、美肌にも影響します。便秘の時は肌荒れや、吹き出物に悩まされる人も多いです。

 

さらに快便は、ダイエットにも重要で、私は毎日体重を測っていますが、便秘の日は、体重が重く、快便の日は体重が少なくなっています。これは毎日体重をはかっている人なら知っていることですよね。

 

便秘がちで、すっきりしない方には、水分をしっかり取って、これを1ヶ月試してみては?

 

フジッコから出ている「善玉菌のチカラ」は公式サイトで確認を!

>>>>>  フジッコの善玉菌のチカラで毎朝すっきり。詳しくは→

 

ヨーグルトの家計調査

ヨーグルトの話ですが、ついでに統計の話も。総務省の家計調査報告から引用です。

総務省が毎月、家計調査報告を公表しています。

 

f:id:rumimarusr:20160911170952j:plain

私の可愛い、手作りヨーグルト(カスピ海ヨーグルト)

 

最新のものは、9月30日に公表になりました。

 

統計局ホームページ/家計調査報告(二人以上の世帯)―平成28年(2016年)8月分速報

 

2016年8月の二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は,276,338円で、前年同月と比べ実質4.6%減でした。

勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり 480,083円で前年同月と比べ実質1.5%増でした。

 

私も、この程度のことでしたら、ちらちら見ていますけど、結果の具体的中身については見ていませんでした。というか、見ようとも思いませんでした。

 

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ヨーグルト(2016年版) - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

 

しかし、このようなサイトを見つけましたよ。ヨーグルトですよ!

 

 総務省統計局の「家計調査年報(二人以上の世帯)」(年報のほうですね)そこから品目別に年間支出金額を見たものです。

 

2000年以降のヨーグルトへの支出は2002年にピークを迎え、その後6年間は概ね減少傾向にあった。しかし2009年より再び伸長し、2012年には前年比+18%の伸び、その後も年5~6%の伸長を続けている。

なんと、このような「成長産業」だったのね。ヨーグルトは。

 

私の記憶でも、そのような感じです。ああー納得と。

 

以前は、ヨーグルトなんて、ちょぼちょぼでした。食べる人は食べるけれど、明治ブルガリアヨーグルトくらいかな。長く売れていて、今売れているヨーグルトみたいなパッケージだったのは。

 

昔のプレーンヨーグルトは、お砂糖が別についていたのです。プレーンヨーグルトを食べるなんて考えられなくて、小さめの瓶に入ったヨーグルトを食べていました。

 

ブルガリアの人からはこれをヨーグルトとは、呼ばないと思われていたのかもしれませんが。

 

その後もそれほど注目されていたかどうか。最近だと思うのですよね、なんとか菌がいいだとか、トクホだとか言われるようになったのは。上記のページに載っていたのは、2000年からの統計ですが、なんとか菌がいいとか言われるのは、その頃くらいからなかな。

 

現在は、カップ型のヨーグルトも人気です。

 

上記のページをながめていますと、2000年以降はそれほど変化がなく、なぜか2002年に増えています。その後、減少とは言うものの、それほど劇的なものでもなく、食べる人は食べるし、興味ない人は、食べないというものだったのでしょうね。

 

2002年には、何かあったのかな。その年以外、その付近はあまり変わらなく推移していますけどね。

 

それが2009年から変わりだし、上記に引用したように2012年にブレークしています。

 

ここらへんは、テレビの影響強し、ですよね。健康情報番組が人気でしたから。

 

 2009年には、内臓脂肪を減らす機能があるとされるガセリ菌を使用した「恵 megumi」(雪印メグミルク)が発売。大幅な伸びを見せた2012年は、11年末にリニューアルした明治の「明治ヨーグルトR-1」に、インフルエンザの予防効果があることが情報番組などで紹介され、品薄となった年である。  

 

「恵」はガセリ菌だったのか。。。2009年発売もよく覚えていませんが、「明治ヨーグルトR-1」が、めちゃくちゃ売れていたのは、記憶にあります、あります!私も買ったもの。

 

現在は、スーパーでヨーグルトが売っている棚に行ってみてくださいよ。免疫力向上などなど、機能性ヨーグルト多し。「リスクと戦う」とか、「プリン体と戦う」とか、「強さ引き出す」とか、「内臓脂肪を減らす」とか。

 

近年の研究では、ヨーグルトの摂取が腸内フローラの改善に役立つことが報告されている。

 

今までも、何度か書いて来ましたが、腸内環境、腸内フローラの改善ですよ。 私は、たしかに、腸内環境よくなかったと思いまして、今は、改心しております。

 

同じような考えの人が多いのかしら。右肩上がりのヨーグルト界ですね。それだけ健康に気をつけている人が増えたのでしょう。

 

腸の環境は軽くみてはいけませんね。それには、毎日続けられる方法がいいですよ。