青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

やなか珈琲のコーヒーゼリーと、ナチュラルローソンの珈琲ゼリー

やなか珈琲で専門店らしいコーヒーゼリーを買った 

 以前に、やなか珈琲でコーヒーゼリーを買ってブログにアップしようと思いながら、下書きに埋もれていたのを発見しましたので、ここでご紹介します。

 

ガムシロップを使わなければ、糖質制限用にいいかなと思って下書きにしていたようです。

 

f:id:rumimarusr:20170415231736j:image

 

 1つ480円しましたよ。専門店の専門のコーヒーゼリーですからね。スーパーで買うような大衆向けとは違います。

 

サント・アントニオ(ブラジル)の豆で作ったコーヒーゼリーと、サンタボルケーノ(エルサルバドル)の豆で作ったコーヒーゼリーです。

 

コーヒーゼリーもスペシャリティコーヒーということですね。スペシャリティセレクティッドコーヒーゼリーです。

 

サント・アントニオのコーヒーゼリー

f:id:rumimarusr:20170415231735j:image

南米ブラジルのサント・アントニオのコーヒーゼリーの 栄養成分表示は、上の写真のとおりです。

 

コーヒーゼリーとしては、100gあたりの数字です(コーヒーゼリー1個は110gあり)。

エネルギーは11キロカロリー。

炭水化物は、2.5gです。

たんぱく質は0.2g、脂質は0gです。

 

これに足すことになりますが、コーヒーフレッシュは、

エネルギーは10キロカロリー

炭水化物は0.16gです。

たんぱく質0.2g、脂質は1.0gです。

 

ガムシロップは糖質制限ダイエットの人は入れないと思いますが、

エネルギーは30.8キロカロリー

炭水化物は8.4gです。

たんぱく質と脂質は0gです。

あんなにガムシロップは小さいのに、こんなにも入っていますね。

 

 

 サンタボルケーノのコーヒーゼリー

f:id:rumimarusr:20170415231726j:image

 

中米エルサルバドルのサンタボルケーノのコーヒーゼリーです。

 

こちらの栄養成分表示も同じく上の写真のとおりです。

 

コーヒーゼリーとしては、100gあたりの数字で書かれています(1個あたりは110gのものです)。

エネルギーは11キロカロリー。

炭水化物は、2.5gです。

たんぱく質は0.2g、脂質は0gです。

 

おすすめしませんが、もしこれに足すことになるかもしれないコーヒーフレッシュやガムシロップについてです。

 

コーヒーフレッシュは、 エネルギーは10キロカロリー

炭水化物は0.16gです。

たんぱく質0.2g、脂質は1.0gです。

 

ガムシロップは入れないほうがいいですが、いちおう。

エネルギーは30.8キロカロリー

炭水化物は8.4gで、 たんぱく質と脂質は0gです。

 

 

ガムシロップはほぼ、糖質でしょう。こんなにも入っていますね。

 

コーヒーゼリーの両方共、通常の2倍のコーヒーを使用して抽出されているそうです。

 

だから、苦味もあるのですね。

 

 

f:id:rumimarusr:20170415231946j:image

 厳格なタイプの糖質制限ダイエットの人は、コーヒーはダメで紅茶を飲むと聞きますから、このような2倍使っていると、糖質が多いと言われてしまうかな。

 

それにしても、コーヒーはブラックで飲む人が一定数いますから、コーヒーゼリーもこのような無糖で作ってもらい、ガムシロップやコーヒーフレッシュで自分なりの味にするのがいいですよね。

 

糖質制限ダイエットの人も、ゼリーだけなから食べられることでしょう。

 

ナチュラルローソンで買った珈琲ゼリー

それでついでに、ナチュラルローソンで買った珈琲ゼリーをご紹介。

強い甘みとフルーツのような爽やかさがウリのカサブランカです。

 

f:id:rumimarusr:20170531205029j:image

 こちらは、中米です。

ニカラグアのカサブランカ農園のもの。

これもスペシャリティコーヒーを使ったコーヒーゼリーでございます。

 

こちらは、買ってみたものの、なんとコーヒーゼリーに砂糖が入っているではないですか!

f:id:rumimarusr:20170531205042j:image 

 

コーヒー、砂糖、リキュールなどとなっていて、コーヒーフレッシュだけが別に添えられていました。

 

う~ん、これは困った。砂糖入りか。

 

しかし、115gのコーヒーゼリーでここの栄養成分表示に書いてある100gあたりとさほど変わらない分量かなと思いまして、ちょっと食べてみました。

 

さきほどの無糖のコーヒーゼリーに比べて、同じスペシャリティコーヒーのコーヒーゼリーでも栄養成分表示をみると違いますね。砂糖が入っているから。

 

エネルギーは55キロカロリー。さきほどの5倍だし。

炭水化物は、13.2gです。炭水化物はいきなり、これです。

たんぱく質は0.1g、脂質は0gですから、これはさほど変わらないです。

 

コーヒーフレッシュは、さきほどよりも0.5g多いだけですから、ほとんど栄養成分表示としては変わりありません。誤差の範囲でしょう。

 

いちおう書きますと、コーヒーフレッシュは、 エネルギーは13キロカロリー で、炭水化物は0.1gです。 たんぱく質0.2g、脂質は1.3gです。

 

 

食べてみましたら、やはり、甘い!私には甘すぎて一口食べて、家族にあげてしまいました。

 

同じくスペシャリティコーヒーの珈琲ゼリーでも砂糖が入っているかどうか確認しておいたほうがいいですね。

 

ローソンのネットスーパーはこちら

 

>>>ネットスーパーで買える糖質制限用含んだお菓子、飲み物

 

やなか珈琲のコーヒーゼリーのほうは、さすが専門店のスペシャリティコーヒー、スペシャリティセレクティッドコーヒーのコーヒーゼリーだなと思うくらい、しっかりとコーヒーの味を感じました。その代わり、コーヒーに慣れていない人には、苦いかもしれません。