青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁飲んで糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。リバウンドなしで現在、26キロ減

糖質コントロールのビーフカレーとバターチキンカレー「とらひめ」タイガーとあわせて食べたいわ

糖質コントロールのカレーは糖質30%オフ、低糖質の「米」と食べたい 

f:id:rumimarusr:20180216172931j:image

 これはこれでかなり糖質を抑えたカレーです。

 

1食あたりの糖質量が、バターチキンカレーは、6.0gだし、ビーフカレーは7.0gですよ。

 

レトルトカレーを買ったことがある人なら、これは糖質少ないと思うはずです。

 

で、カレーなのですが、糖質制限ダイエットの人が食べるとなると、カレーのみ、ということになりがちですよね。

 

カレーライスにしたいじゃないですか。

 

ということで、「食べるをかえるからだシフト 糖質コントロール」のカレーの話の前に、「とらひめ」です。

 

とらひめとは、何か。それはご飯っぽいものらしいのです。

 

カレーライスにしたい人は、タイガー魔法瓶が「とらひめ」出すの待ってから、ご飯っぽいものでどうでしょ?

 

日本経済新聞2月14日付け記事より

 

タイガー魔法瓶、低糖質の「米」を開発、調理器とセットで販売  :日本経済新聞

 

専用の調理器具が必要みたいなのですけどね。

 

記事を読みますと、「米」と書いてありますが、米らしきものです。

米粒状加工食品です。

 

こんにゃく粉やタピオカ粉を原料にして、専用の調理器を使って炊くようです。

 

タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は14日、白米と比べ糖質やカロリーを約半分に抑えた米粒状の加工食品を開発したと発表した。こんにゃく粉やタピオカ粉を原料にしながらも専用調理器を使うことで白米に近い食感や粘り気を再現したという

とらひめは、白米に近い食感、そして、粘り気を再現なのです。

 

とはいえ、発売はまだ先ですね~

 

米粒状の加工食品「とらひめ」と専用調理器を3月23日に発売する。とらひめは白米に比べて糖質が約47%、カロリーは約50%少なく、食物繊維は約8倍だという

 

糖質抑えて、食物繊維は約8倍ですってよ。

 

完熟トマトとバターのコクがきいたバターチキンカレー

 

f:id:rumimarusr:20180216172829j:image

 

辛さのレベルは2です。甘めのようです。

 

いつも思うのですが、このレベルは、その会社独自のものですよね。

レベル2だと言われても、こちらの会社とあちらの会社では、違うぞ、ということがあり得ると思うのですけどね。

 

ま、そんなことより、糖質30%オフなんて嬉しいではないですか。

製造者商品との比較で、30%オフだそうですが。

 

記録用の栄養成分表示です。1食あたり数字になります。

 

エネルギーは、201キロカロリー

炭水化物としては、8.6gで、内訳が、糖質が6.0gで、食物繊維が2.6gになります。

たんぱく質は、9.5gで、脂質は、14.9gです。

 

原材料名をみますと、鶏肉、乳等を主要原料とする食品、トマトペースト、ローストカシューナッツペースト、バター、生姜、ヨーグルト、香辛料などです。おろしにんにく加工品も入っているのか。

 

原材料名を見るだけで、美味しそうです。

 

最近よく見かける、「乳等を主要原料とする食品」が入っています。

 

カシューナッツは、糖質多めではなかったかな。でも美味しそうです。

 

5分間、お湯でグツグツさせます。

 

 

牛肉がゴロッとはいったスパイシーなビーフカレー

 

f:id:rumimarusr:20180216172824j:image

こちらは、辛さのレベルが上がります。レベルは3です。

ちょっと辛いのですね。スパイシーだし、そうでしょう。

 

こちらも、製造者商品との比較で30%オフ、すなわち、従来品と比べて、30%オフで作ったということでしょう。

 

原材料名をみますと、こちらもお肉が先にきています。

牛肉、オニオンソテー、ビーフ調味エキス、固形トマト、ブイヨン、カレー粉、トマトペースト、中濃ソース、バターなど、です。バナナビューレも入っているのですね。

 

チキンもビーフも生姜やおろしにんにく加工品は入っているのですな。

 

記録用の栄養成分表示です。1食あたりの数字になります。

エネルギーは、183キロカロリー。バターチキンカレーよりカロリーは低いです。

しかし、糖質はちょっと多いのです。

炭水化物は、9.7gで、そのうち、糖質は、7.0gで、食物繊維は、2.7gです。

たんぱく質は、9.2gで、脂質は、12.6gです。

 

ビーフカレーは、ご飯と食べたいですよね。

米粒状加工品でもいいですけど。

 

その後見つけたグリーンカレー

f:id:rumimarusr:20180403030500j:image

 

ココナッツミルクと辛みが効いたグリーンカレーがありました。チキングリーンカレーです。

 

糖質40%オフのカレーです。

 

栄養成分表示です。

エネルギー161キロカロリー、タンパク質は、8.4グラムで、脂質は12.6グラムです。

糖質が、2.8グラムで、食物繊維は1.4グラムです。

 

糖質は、かなり抑えられていますね。

 

f:id:rumimarusr:20180403030543j:image

 

辛さレベル1番辛いになっていました。ココナッツミルクが入っていますが、辛みが効いた味です。ココナッツミルクは辛さを和らげるのではないようです。

 

原材料は、ココナツミルク、鶏肉、ほうれん草ペースト、グリーンカレーペースト、たけのこ水煮、生クリーム、チキン調味エキス、魚醤、チキン調味パウダー、おろしにんにく加工品などです。

 

糖質コントロールのシリーズには、スープもあります。

 

f:id:rumimarusr:20180403030649j:image

 

たっぷり野菜と完熟トマトのミネストローネです。

糖質50%オフとなります。

 

 

f:id:rumimarusr:20180403030736j:image