青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

ナッツミルクが低糖質!ナチュラルローソンにて137℃のナッツ飲み物

f:id:rumimarusr:20170505183038j:image

137℃(137ディグリーズ)のナッツミルクはアーモンドミルクだけでない 

 

ナチュラルローソンで買ったのですが、ナッツミルクです。種類としてはもう1種類ありました。ですが、もう1つはちょっと糖質量があったので、今回買ったのは7種類のうちの6種類となります。

 

糖質制限を行う時、乳糖は意外とあるので、このようなナッツミルクも利用するといいですよね。

 

www.lawson.co.jp

 

それにしても137って何?と思いますよね。

 

ナチュラルローソンブログによりますと、

 

137とはナッツミルクを作る時の秘密の温度で、この温度で作るとナッツミルクが美味しくできるのだとか♪

香料と砂糖不使用で、誰もが安心して飲めるミルクを作りたいという創始者の思いが込められています。

 

137℃とは、美味しくナッツミルクが作れる温度なのですね。けっこう高い温度なのですねぇ。

 

アーモンドミルクには、3商品あって「アーモンドミルク甘味不使用」、「アーモンドミルクオリジナル」、「アーモンドミルクラテ」ということです。

 

私は、このアーモンドミルクのうちの、「甘味不使用」と「ミルクオリジナル」を買いました。

 

あとは、ピスタチオとして、「ピスタチオミルクオリジナル」、「ベルギーチョコピスタチオミルク」です。

 

ウォールナッツ、くるみですね。こちらは、「ウォールナッツミルクオリジナル」、「ウォールナッツ抹茶ラテ」を買いました。

 

低カロリーで、低炭水化物で、甘みは低GI食品のココナッツ花蜜を使用

 

こちらのナッツミルクですが、なんでも乳アレルギーのある人にも飲むことができると、タイで人気の飲み物なのだそうです。

 

少し調べてみたら、こちらのページに、この137℃シリーズのこだわりが書いてありました。

 

タイの無添加本格派ナッツミルクブランド「137℃」が売れ行き好調 | タイランドハイパーリンクス

 

【137℃のこだわり】

1) 香料・保存料等の添加物一切不使用 それぞれの素材そのものの自然な味わいを大切にしています。

2)砂糖不使用 甘みは低GI食品と呼ばれる有機ココナッツ花蜜を使用し、自然な優しい甘さに仕上げています。

3) ローストしたナッツを使用 焙煎した香ばしい風味でさらに美味しく飲みやすく仕上げております。

4) 乳成分不使用 乳アレルギーの方でも牛乳代わりにお楽しみいただけます。

5) コレステロールゼロ、1本あたりの70カロリー前後 ナッツミルクはうれしいコレステロールゼロ。1本(180ml)あたりのカロリーも70kcla前後!

 

 

それではいつもの栄養成分表示をみていきましょう。

 

f:id:rumimarusr:20170505183045j:image

すべて100ミリリットルあたりです。この1本が180mlありますから、約2倍にしてみておけばいいかな。

 

それと乳成分、砂糖、香料不使用と書いてありますね。

アーモンドミルク甘味不使用

エネルギーは38キロカロリー

たんぱく質は1.1g、脂質は2.9gです。

炭水化物は、1.2gです。

ショ糖はo.5gでした。

甘味不使用のほうが、炭水化物があるのね。

「ローストアーモンドを使用した、香ばしく濃厚なアーモンドミルク。

アーモンドそのものの自然な味わいお楽しみください」、ということで楽しみます。

 

アーモンドミルクオリジナル

エネルギーは36キロカロリー

たんぱく質は1.2g、脂質は3.5gです。

炭水化物は、o.63gです。 ショ糖はo.71gでした。

「ローストアーモンドを使用した、香ばしく濃厚なアーモンドミルク。

ココナッツ花蜜を加え、優しい甘さで、飲みやすく仕上げました」

飲みやすくなっているそうです。

 

ベルギーチョコピスタチオミルク

エネルギーは40キロカロリー で、たんぱく質は0.91g、脂質は3gです。

炭水化物は、1.9gです。

ショ糖はo.5gでした。

 

「『ナッツの女王』と言われるピスタチオと、カシューナッツを使用したナッツミルクにベルギー産ココアを加えた上品なチョコレートドリンク」ということで、これには、カシューナッツが入っているのか。ちょっと糖質量が多めになってきますね。

 

ピスタチオミルクオリジナル

エネルギーは33キロカロリー で、たんぱく質は1.3g、脂質は2.6gです。

炭水化物は、1.5gです。 ショ糖はo.54gでした。

 

「『ナッツの女王』と言われるピスタチオと、カシューナッツをブレンドした薫り高いナッツミルク。ココナッツ花蜜の甘さが嬉しい優しい味わい」

 ということで、こちらもカシューナッツミルクが入っています。

 

f:id:rumimarusr:20170505183053j:image

ウォールナッツ抹茶ラテ

 

エネルギーは36キロカロリー

たんぱく質は0.7g、脂質は2.8gです。

炭水化物は、1.9gです。 ショ糖はo.5gでした。

 

「香ばしいウォールナッツ(くるみ)の風味豊かなミルクに香り高い日本産抹茶をブレンドした滑らかで上品な抹茶ラテ」ということで、このようなナッツミルクで、抹茶ラテとなっているのは珍しいですね。

 

 

ウォールナッツミルクオリジナル

 

エネルギーは36キロカロリー

たんぱく質は1.2g、脂質は3.5gです。

炭水化物は、1.9gです。 ショ糖はo.5gでした。

 

「香ばしいウォールナッツ(くるみ)の豊かな風味が楽しめるココナッツ花蜜の優しい甘みが嬉しいナッツミルクです」

 

ということで、今回買ったナッツミルクの6種類のうち、5種類までもがココナッツ花蜜が入っていることになりました。

 

栄養成分表示としては、炭水化物となっていましたので、これに食物繊維があるでしょうから、糖質としてはもっと減るのでしょうね。カシューナッツが入っているものがあった(ピスタチオ)のに、意外と炭水化物が少ないと感じました。

 

飲んでみますと、それぞれ甘さの感じ方に違いがありましたが、総じて、甘ったるい感じはなく、自然な甘さでした。

 

それにしても、こうやってみますと、エネルギー、カロリーのことですが、だいたい80キロカロリー以内になりまして、低カロリーですね。

 

私はアーモンドミルクは飲んだことがありましたが、ピスタチオミルクやウォールナッツミルクは飲んだことがありませんでした。

 

ナッツが好きな人は、一度おためしください。

 

どれも同じような原材料なのですが、栄養成分表示をみますと、それぞれ微妙に異なっています。興味がある方は買う前にもチェックしてから購入するといいですよ。