青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

低糖質のロカボーノを飲んで、飲み物は糖質が多いことを再確認した

明治のロカボーノのフルーツラテとカフェラテ

f:id:rumimarusr:20170619184637j:image

 

全体で430ml入っている飲み物、明治ロカボーノのカフェラテとフルーツラテを飲みました。「おいしくゆったり低糖質」がウリです。

 

以前に書いた明治のロカボーノのシリーズです。以前に書いたのはプリンでしたが、今度は飲み物です。なお、プリンは関東甲信越地方の販売でした。

 

その時の記事はこちら

低糖質のカスタードプリン!明治ロカボーノ(鎧塚俊彦さんプロディース) 

 

 

糖質は1本あたり9.9gですから、意外とあります。それだけ分量もある飲み物ですけど。

 

それにしても「低糖質」でこれくらいの量ということはですよ、低糖質ではない普通の場合は、もっとあるってことですよね。飲み物の糖質は、侮れません。気をつけておいたほうがいいです。

 

フルーツは糖質が多いと言われますが、フルーツラテは果汁10%未満ですから、主に乳製品として考えたほうがいいのかな。

 

カフェラテには、コーヒー豆の微粉が含まれていることがあるって書かれているくらいですから、コーヒーがしっかり入っているのですね。

 

リキャップできる広口タイプなので一気に飲まないでちびちび飲むこともできますよ。たっぷり容量は入っていますから、飲んだ気になれる飲料です。明治としては、低糖質でありながら、おいしさを追求したというのがウリのようですね。

 

カフェラテのほうが先行販売だったので、すでに飲んだ方もいらっしゃることでしょう。フルーツラテは13日から発売されたと書いてありました。

 

f:id:rumimarusr:20170619184709j:image

 

さて、いつもの栄養成分表示です。

100mlあたりで書かれています。

 

カフェラテの場合、

エネルギーは37キロカロリー

たんぱく質は、2.2g、脂質は2.0gです。

糖質は2.3gで、食物繊維は0.1~0.5gです。幅があるのですね。

f:id:rumimarusr:20170619184652j:image

 

こちらも100mlあたりで書かれています。

フルーツラテの場合、エネルギーは21キロカロリー。フルーツラテのほうが低いですね。イメージ的には多そうに思えたのですが。

 

たんぱく質は、1.6g、脂質は0.4gです。乳製品なのに、脂質も少なめです。

糖質は2.3gで、食物繊維は1.6gです。

難消化性デキストリンが入っているからなのかしら。カフェラテよりフルーツラテのほうが食物繊維が多いです。甘味料もカフェラテには入っているスクラロースが見当たらないです。

 

カフェラテもフルーツラテも同じロカボーノでありながら、微妙に中身は違っていますね。カフェラテは乳飲料だけど、フルーツラテは清涼飲料水というところも違っていますしね。

 

乳飲料だと乳脂肪分の表記がありますが清涼飲料水だからかフルーツラテにはありません。同じ乳製品でも乳成分量が違うからなのでしょう。

 

それでも乳成分は入っていることはわかります。

 

このような飲み物で低糖質ということを意識できるだけでもいいのではないかと思いますよ。それだけ世の中の飲み物は糖質がいっぱい入っているものだと再確認できます。

 

美味しいなぁとごくごく飲んでしまうと糖質が多めだったのですね。といいますか、角砂糖で換算しておいたほうがいいかもしれないわ。

 

 以前に書いたロカボーノシリーズのプリンも量がけっこうありましたが、今回のカフェラテ、フルーツラテも量は充分ありますので、飲みごたえあり、です。

 

プリンは関東甲信越地区販売で、全国発売ではなかったのですが、カフェラテ、フルーツラテは全国発売となっていました。

 

スーパーなどで見かけたら、手にとって見てくださいね。