青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

ガストの糖質控えめ、ほうれん草麺を食べました

ほうれん草麺がなかなか美味しく、糖質が気になる方へ

f:id:rumimarusr:20170629180017j:image

今年5月、2017年5月9日付けですが、ガストの糖質0麺が、0ではなかったということで、発売中止されていましたよね。

 

http://www.skylark.co.jp/company/news/pdf/2017/170509.pdf

「糖質0麺」販売中止のご案内

 100g中、2g以下だったとはいうものの、0ではなかったので、発売中止になったようです。

 

私自身は、ガストの糖質0麺は、こんにゃくっぽさがあると聞いていたので食べたことがなかったのです。

 

しかし、ほうれん草麺ならば、、、

 

「糖質が気になる方へオススメ」というので、おすすめの商品を食べてみました。 

 

f:id:rumimarusr:20170629175925j:image

 

糖質控えめ、ほうれん草麺のものと、糖質控えめ、ほうれん草麺に変更できるものがありまして、悩んだ結果、ほうれん草麺に変更のほうを選びました。

 

「肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺」です。

ほうれん草麺がデフォのほうは、「糖質控えめ・海老と野菜のさっぱりサラダ麺」です。こちらは、マヨネーズを抜くこともできるそうですよ。

 

で、私は「肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺」にしまして、麺を糖質控えめ、ほうれん草麺です。これに変更すると、普通の麺よりは値段が100円(税抜き)高くなっていますね。

 

それが上の写真にもありますが、ほうれん草の色、グリーンの麺です。

 

普通の麺よりは、カロリーも低く、カロリー制限ダイエットの人でも嬉しいのではないかな(1食分が普通の麺は825キロカロリー、ほうれん草麺は663キロカロリー)

 

ただし、このほうれん草麺ですが、「糖質控えめ」とはなっていますが、糖質量が45.0gですよ。1食あたりの数字ですが。45gもあるとは、考えてしまいます。

 

そこで家族に半分麺を食べてもらいました。

 

f:id:rumimarusr:20170629180004j:image

 ラー油の瓶とともにやってきました。

 

私は、主にサラダの部分、レタスやトマト、それにほうれん草、肉みそ、ポーチドエッグを食べました。

 

せっかくなので、ほうれん草麺も食べてみたところ、少しボソボソしていますが、以前自分で作った大豆麺の冷やしよりも美味しかったです。

 

ほうれん草麺とはいいますが、ほうれん草はあまり感じませんでした。それよりも少しパサパサしているような麺だなと思いましたよ。

 

別の製品ですが、こんにゃく麺を食べたとき、まるでゴムのようだったので、それよりは美味しかったです。こんにゃく麺よりは、ほうれん草麺をオススメしたいわ。

 

でも、ですよ。美味しいとなると、糖質量が多いのだな。

 

糖質0とはいきません(発表では以前のガストの麺は糖質量0gではなく、2g以下だったらしいですが)が、45gあると、う~ん、悩んでしまいますねぇ。

 

冷やしタンタン麺ですから、スープもおいしくいただきました。サラダを食べているような感覚のレタスやトマトもよかったですし、ほうれん草のおひたし風のものもスープに混ぜるとおいしいです。

 

肉みそとポーチドエッグもスープに混ぜて、一緒に持ってきたラー油を入れると、ピリ辛で夏に食べるのにふさわしい料理です。

 

しかし、糖質控えめで、45gもあるということは、、、

 

普通の麺なら、1食食べるとどれくらいの糖質量を取ったことになるのだろう?

 

糖質制限ダイエッターの人ならこれくらいの糖質量でもいいでしょうが、糖尿病となるとどうかな。気をつけて食べる必要があるかもです。

 

私は、家族に麺は大半を食べてもらったからいいけれど、このスープのおいしさといい、糖質控えめでタンタン麺を食べられることといい、悩んでしまいますよね。

 

半分の量だけ、としても22,5gですからね。

 

ガストの糖質控えめ、ほうれん草麺を食べてみたい人は、少し気をつけながら食べるようですね(どのような麺なのかは、一番上の写真がわかりやすいかと思われます。緑色がキレイでしょ?)。

 

それでもガストの人には、これだけおいしさを追求した糖質控えめの麺を開発していただいたことには、感謝したいと思っております。