読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁とヨーグルトで糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、20キロ減を達成

ファミマと、糖質オフで結果にコミット!で、買いに行った話(前回の続き)

前回の続きです。

 

その前に東洋経済オンラインで、このような記事がありました。

toyokeizai.net

 

糖質制限を広める会ではない!!!という話です。

 

以前は、健康コーポレーションとして、豆乳クッキーダイエットをよく目にしていた者としては、ライザップになったのだなぁと、感慨深いです。

 

なんかイメージ変わりました。ライザップは、黒が基調だし。

 

さて、前回は、テキトーに買っておいたのですが、その後、ファミマのライザップとのコラボ商品に、パンがあったぞ、という情報がもたらされました。

今回は、パンを買いにファミリーマートへ

そこで、今度はパンを買いに行ってきました。

こういうことばかりやっていると、コンビニ評論家のようになってしまっているなと思います。

 

さらに言えば、最近、糖質制限用のレシピをブログに書いていないじゃないかと、ひとりでツッコミしてます。

 

最近は、おでん、鍋もの、ブリを焼くのローテーションで、変わった料理を作っていないのですよね。坊さんが~のような料理を作りましたら、また、ブログで報告します。

 

そのような前置きは、ともかく、今回はパンを買いましたし、他にも買いました。

 

ブランロールとハムチーズロール

まずは、これです。

f:id:rumimarusr:20161122235116j:image

 糖質量14.2gのブランロールと、糖質量13.9gのハムチーズロールです。

 

エリスリトールを除いた数値は、ブランロールが、11.0gで、ハムチーズロールが10.9gです。普通は、こちらのほうが少ないので、こちらをメインに書きそうですが、違っていました。

 

糖質量としては、ハムチーズロールのほうが低いのは、ハムとチーズがほとんど糖質がないからでしょうか。

パンのほうが糖質量としては多いですからね。

 

f:id:rumimarusr:20161122235103j:image

 栄養成分表示です。

 

両方とも、オリーブオイルが入っています。健康にいいのですよね。オリーブオイルは。元健康コーポレーションとしては、健康に気を使うのです。

 

 

ブランロールは、

エネルギー、すなわちカロリーとしては115キロカロリーです。

脂質は、4.3gです。

 

食物繊維は1.5gですね。

糖質としては、14.2g。エリスリトールを含んだ値ですね。

飽和脂肪酸は、0.6gですね。

 

 

ハムチーズロールは、

エネルギー、すなわちカロリーとしては125キロカロリーです。

脂質は、5.1gです。

食物繊維は1.3gだわ。

糖質としては、13.9g

飽和脂肪酸は、1.1gですね。

 

結果にコミットするカフェラテとコーヒーゼリーも買ってみた

ついでですので、結果にコミットするを買いました。

   

カフェラテと、ほろにがコーヒーゼリーです。

f:id:rumimarusr:20161122235123j:image

 

糖質量だけを考えると、コーヒーゼリーは、低いですねぇ。

とろけるクリームが、キャチフレーズです。

 

カフェラテのほうは、

カフェラテのエネルギー、カロリーとしては、100mlあたりで、

24キロカロリー

糖質、5.0g

エリスリトールを除いた値としては、3.4gでした。

なぜか食物繊維が、0.2g(そんなにあるんだ)

脂質は0g

栄養成分表示基準としては、100mlあたり脂質0.5g未満だと、脂質ゼロになるんだよと、説明が書いてありました。

すべて、100mlあたりの数値ですが、これ、1本240mlあるんですよね。

そこをお間違えなく。

 

 

ほろにがコーヒーゼリーのほうは、

こちらは、1個あたりの量です。

エネルギー、カロリーとしては、94キロカロリーです。

脂質は、7.2g

炭水化物として、17.5gとなっていました。

商品の上には、糖質量として4.1gと書いてあります。これは、エリスリトールを除いた値だそうです。

 

「結果にコミットする」って書いてあるの見えますか? 

f:id:rumimarusr:20161122235129j:image

 

 ただ、私としては、ずっとコーヒーは、無糖で飲んできたので、このカフェラテは、甘すぎました。今まで、甘いコーヒーを飲んできた方には、おすすめできますが、コーヒーはブラックで慣れている人は、あえてこれを飲まなくてもいいかな。

 

売り場には、ライザップとのコラボ商品で、カフェラテ以外にも他にもキャラメルラテがありましたが、もっと甘そうな予感がします。

 

それにしても、カスタードプリンは、ライザップ監修で、今回買ったのはライザップなんとかで、ライザップ名が入っていたのは、なにか違いがあるのだろうか。