青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

低糖質の大福に、興味津々です

糖質7.0gの低糖質大福「LOW/S DAIFUKU(ロウエス ダイフク)」

このようなニュースを見つけまして、またもや、ダイエットをやっている人なのか、わからん状態です。

f:id:rumimarusr:20160918172020j:plain

 

糖質7gの低糖質大福「LOW/S DAIFUKU」10月15日より新発売|けあNews by けあとも

 

北里大学臨床研究機構の監修のもと、老舗和菓子舗「由喜」と共同で研究開発した、糖質7.0gの低糖質大福「LOW/S DAIFUKU(ロウエス ダイフク)」を10月15日(土)より販売する。

本気でダイエットするなら、大福なんかに見向きもしないで、といきたいところですが、そこは人間です。弱いです。

 

またもや、ダイエットをしているのに、大福を食べようだなんて、以前にも書いた名言、パチンコしながら節約生活、と同じような響きになります。

 

しかし、これは低糖質です。

 

大阪府豊中市にある「由喜」と共同開発ということなのですが、大阪のお店はよく知らないのですが、有名なお店なのでしょうね。

 

「糖質制限を受けている方や糖質の摂取を気にしている方が、糖質を気にせず食べられる大福」これがウリです。

 

医療現場からの声から生まれた製品ですって。上記のサイトではないのですが、他のところには、病院の売店にも置く予定と書いてあったのも見かけました。

 

「糖尿病患者様は厳しい糖質制限の中で、強いストレスから、つい医師に隠れて甘いものをたくさん食べ、症状を悪化させてしまう方もおられます。1日の摂取量として、糖質10g以内で美味しいおやつが出来ればいいのですが……」。そんな医療現場の声から「LOW/S DAIFUKU」は生まれた。

 

北里大学研究所病院の山田悟先生は著作で、間食に10gとおっしゃられているようですので(緩やかな基準で)、これくらいは許されるかと。

 

ダイエットしているのに甘いもの、というのは本来は避けるべきものなのでしょうが、上記にあるように、糖尿病患者のような「食べてはいけない」というのがかえってストレスになってしまい、逆に甘いものをたくさん食べてしまうという結果になるのではいけませんよね。

 

それならば、このような糖質少なめを選んでストレスを減らす方向にもっていけたらと思います。

 

それにしても、どんなお味なのでしょうね。今まで食べた糖質少なめのものは、意外と甘かったのですが、思ったよりも甘いのではないかなと考えているのですが。