読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

糖質オフに関しての番組が今なら見られるかと

糖質オフが大人気だそうですよ

糖質オフ商品に関する番組がテレビ東京でやっていました。

f:id:rumimarusr:20160927005838p:plain

 

今なら、まだ見られるようですよ。

 

「糖質オフ」食品 大人気の裏で…:NEWSアンサー:テレビ東京

 

この番組を見ていただくとわかりますが、ローソンの糖質オフ商品は、売れ行き好調のようですね。

 

ローソンには、感謝ですね。これだけ糖質制限用の商品をおいていただいているのですから。ローソンがやっていなかったら、ブランパンやら糖質が少ないお菓子を気楽に買うことができなかったと思います(通販で買えばいいのでしょうが、いますぐ食べたいときはやはりコンビニです)。

 

ローソンだけではありませんが、ビールの糖質オフ製品を置いてある店舗も多くなりましたよね。

 

それだけ、糖質オフが注目をあびているのでしょう。

 

まぁ、今までが糖質取り過ぎだったのかもしれませんけどね。

 

このコーナーの中で紹介していたのが、パラチノースです。血糖値を上げるのをおだやかに、ゆっくりと時間をかけるそうです。急激に上げないということですね。

 

パラチノースだと砂糖と違い、小腸全体で吸収されるので、ゆっくりとなるそうです。カラダに負担をかけづらいということです。

 

しかし、糖尿病になってしまった人はどうしても、血糖値が気になるのですよね。急激にあげようが、ゆっくりあげようが、上げるものはあげるのですからね。

 

スローオンスイーツとして、美味しそうに食べているところを紹介していました。やっているのが製糖会社ですから、糖質を敵視するかのような今の糖質制限ダイエットのブームを抑えたいのはわかります。私みたいな人は困ったものだと思っているかと(笑)。

 

同じように糖の吸収に着目したお茶、蕃爽麗茶や健王茶など、糖分の吸収をおだやかにさせるお茶がありますが、これらは医薬品ではないですから、どうしても限度があります。同じようにパラチノースも、限度があります。急激ではないのでしょうが、上げないというものではないようです。

 

それと、この番組では、厳格な糖質制限だと、脳梗塞とか、心筋梗塞のリスクを高めるとここに出ている医師は言ってますね。この医師によると、糖質制限は血管に負荷がかかるとのことです。

 

このように言われてしまうと、血管に負担をかけるなら、本末転倒、病気が悪化しないように糖質制限しているのに、糖質制限が病気にさせるような気になってしまいます。糖質制限は血糖値の上昇という面で、糖尿病の合併症を考えるとやりたいですが、血管にとっては、悪いのかと。

 

この番組としては、糖質制限だと栄養の偏りがあるために、夕食だけ糖質を取らない、血糖値を急激にあげないような食べ物にするなど極端なものはやめよう、というスタンスのようでした。