読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁とヨーグルトで糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、20キロ減を達成

ファンケルの青汁の場合ー青汁シリーズその3

 本搾り青汁ベーシックの冷凍版(プレミアム)

「青汁飲んで、ダイエット中の便秘対策と不足しがちな栄養補給しています」シリーズの第3回です。

 

私の場合は、緑黄色野菜野菜の不足、すなわち、レタスとか淡色野菜は比較的取っているのですが、どうも緑黄色野菜は不足ぎみなので、緑黄色野菜の不足を補うという目的もありまして、青汁を飲用しています。

 

ここで、余談なのですが、糖尿病が発覚する前は、朝起きたら、野菜ジュース1本飲んでいました。緑黄色野菜中心のものもあったのですが、とにかくいろんなタイプの野菜ジュースを毎日飲用していました。

 

以前にも書きましたが、それで糖尿病になってから、管理栄養士さんに言われたこと「野菜ジュースを毎日飲んでいるようですが、今度までに糖分どれくらいあるか書いてきてくださいね」と。書きましたよ。いろんなタイプの野菜ジュース飲んでいましたが、どの製品も多いこと、多いこと、がく然としました。

 

糖質制限ダイエッターにとっては、野菜ジュースは、気をつけるべき飲み物ですね。

これは、野菜ジュースの一例です。これを毎日、バナナ1本に加えて、目覚めの1本にしていた私は(以下省略)。

f:id:rumimarusr:20160820153919j:plain

 

そのような点からも青汁に変えました。もちろん、買う前は炭水化物、糖類、糖質の料は確認しています。緑黄色野菜は大事だよ、です。

 

糖尿病性網膜症にならないためにも、緑黄色野菜は多くとっておいたほうがいいとのことなので、それもありまして、毎日飲んでいます。緑黄色野菜は、目にいいということは、聞いたことがあるはず。

 

今回は、ファンケルの本搾り冷凍青汁プレミアムです。缶チューハイだけが本搾りじゃないよ!

 

冷凍青汁プレミアムですが、それは、やはりケール100%ということだからなのでしょうか。

 

ケールは食べたことがありますが、苦味とかちょっとクセがありますよね。独特の香りも。

 

ただ、以前にも書いたように、ケールにはルティンが多く含まれているので、糖尿病性網膜症のみならず、目の病気の予防のためにも食べておいたほうがいいかなと思って食べておりました。

その時のブログ

使用しているサプリメントは、ルティンと - 

 

ファンケルの青汁の場合、ケール100%なのですよね。

 

f:id:rumimarusr:20160817170629j:plain

 

冷凍青汁、プレミアムのほうですが、これはケールが120g入っているそうです。一日に取るべき量としては、十分ですね。

 

糖質の量は、1.5~4.5gです。天然物なので、粉物とは違い、何グラムと正確な数量が書けないようです。

f:id:rumimarusr:20160825012904j:plain

 プレミアムですと、このような栄養成分表示になっています。カロリーとしては、11から30キロカロリーです。

この前書いたルティンも、1.3から3.1mg入りですね。

 

このように天然物の粉物でなく、冷凍となりますと、ほとんどの数値がきっちりした数字として出ませんね。

葉酸もけっこうあるんですね。カルシウムも思ったよりありました。

 

栄養成分表示ではなく、内容成分表示のところですが、総クロロフィルは、葉緑素ですか。SOD様活性って、わからなかったのですが、活性酸素を取り除く抗酸化物質のひとつだそうです。青汁飲む人の中には、抗酸化物質が取れるからという理由で飲む人もいるみたいですね。

 

糖尿病でも、動脈硬化になるといいますが、動脈硬化や白内障なども活性酸素が原因といいますよね。そもそも老化がそうですし。

 

そして、同じファンケルの青汁でも、プレミアムではなく、ベーシックですと、ケールとしては40gになるそうです。それでも1食分の緑黄色野菜の量としては合格です。一食分とはいえ、それすら、満たせていない人もいるのですから。

 

これは冷凍ですが、当然ながら解凍してから飲みます。私は、水で解凍しています。しかし、お急ぎの方は、電子レンジでも解凍できるそうです。

 

電子レンジでチンの時は、1袋の場合は、中央に置く、2袋の場合は、重ねずにならべて置くなど丁寧に書いてありました。時間の目安もありました。

 

f:id:rumimarusr:20160817170626j:plain

 

解凍して、コップに入れた状態です。

f:id:rumimarusr:20160817183905j:plain

けっこう、色が濃いです。深緑ということがわかりますか。

 

これを水で割ってもいいですし、糖質制限の人でなければ、ジュースで割ってもいいかな。青汁プレミアムの場合はケール120gですから、ちょっと濃いです。

 

それに対して、本搾り青汁ベーシックの場合は、ケール40gですから、ケールとしての分量はプレミアムに比べたら、少ないので、初めての人にはかえっていいかもしれません(ケールは独特の味ですから)。水で溶けばなんとかなるでしょう。

 

そういえば、私はやったことがないのですが、牛乳で割るという人もいるそうですね。

 

それにしても、ケールについては、人によって好みが分かれますね。好きな人は、このクセのある味(苦味と独特の香り)がいいと、それこそクセになっているようです。好きか、嫌いかの両極端に分かれそうです。

 ケールは思ったよりも栄養豊富

ケールが青汁に選ばれるようになったのは、栄養バランスがいいこと。先ほど書いたルティンが含まれていることもそうですが、βカロテンやカルシウムも多いと効きました。もちろん、食物繊維もありますし、ビタミンCも豊富です。

 

さらに、キャベジンって聞いたことがありますか。

そのキャベジンをケールは含んでいるので、胃に優しい。私も胃が痛い時に飲んだら翌日、胃の痛みが気になりませんでした。ケールの独特のニオイは、キャベジンから来るのかな。なんとなく、キャベツの青臭さという感じでしたから(個人的な感想)。

 

さらにケールについて調べてみたら、なんとメラトニンも含まれているそうです。睡眠ホルモンと言われるメラトニンですから、快眠にも良さそうです。

 

 ケールについては、栄養補給としては申し分なしですが、好みが分かれそうですね。私は、最初の1杯、2杯までは、これは続かないなぁ、クセがありすぎる、と思っていたのです。それが少し続けてみたら、このクセのある味がクセになり(笑)なんだか不思議な感じです。

 

ケールについては、私の場合、緑黄色野菜を補うためと、胃の痛みが改善したことと、快眠のために飲むようにしました。

 

まずは、お試しセットから 始めよう

青汁を試すときは、どの製品でもそうなのですが、お試しセットをまずは、使ってみることをオススメしています。

 

いきなり、1ヶ月分なんて自分を追い込むのには、いいのかもしれませんが、味の好き嫌いがありますから、あまりオススメできませんね。

 

お試しセットについては、1本、2本だけのものではなく、5本以上はあるものを選ぶとわかりやすいです(私は、1本だけというものを試してみて、イケると思ったのに、2週間ほど飲んでみたら、なぜか飲んだ後に、喉が痒くなったことがあったもので)。

 

逆に、1本飲んでみて、これはダメだと捨ててしまうのももったいないです。現に、私はケールについては、1本目飲んだ時は続けらないと思ったのに、3本目からイケるようになりましたから。

 

どちらにせよ、ファンケルの青汁を選ぶのでしたら、私のようなケール120gも入っているプレミアム(冷凍)より、まずは本搾り青汁ベーシック(ケール40g)のほうからスタートがいいかと思います。

 

本搾り青汁ベーシック

f:id:rumimarusr:20160908122435j:plain

ちなみに、ベーシックになると上記の写真のように、中身の栄養的には減りますね。

 

栄養成分としては、プレミアムがいいですが、続けられるかどうかの判断のためです。プレミアムよりは庶民的と申しますか、手軽に飲める、中身もそれほど濃くないです。

 

本搾り青汁ベーシックは冷凍のような保存が面倒ではない粉タイプですし、お試し10本入りなら、ワンコインで済みますからね。

 

>>>ファンケル 本搾り青汁