青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

急な体重減少は、皮膚のたるみと内蔵にも負担をかけるらしい

糖質制限は、食餌療法というべきか

ここのところ、食べ物ばかりの話題になってしまいました。いかに食べることに関しては興味が深いのか。

 

f:id:rumimarusr:20160824013001j:plain

ダイエットということは食物、日常の食事ということですから、それに関心があるのは仕方がないことです。と、いいわけします。

 

体重を減らせ、脂肪がついているのだから血糖値を下げられないんだぞと、ダイエットばかりですと、長続きしません。

 

それに栄養指導の時に言われたのですが、ダイエットを一生懸命やり過ぎて、急激な体重減少には気をつけてくださいね、と。

 

これは念を押されて言われました。

 

人間、太る時も急激な太り方ってあまりしないと思うのです。いきなり1週間で10キロ太った人は、いますか?

 

それがダイエットの場合は、それくらいを目指す人がいるそうです。減量の幅として、ですが。

 

血糖値も急な上がり方、下がり方がよくないように、何事も急激なのは、身体に負担をかけるようです。

 

それで、私の場合は、管理栄養士さんから、1ヶ月5キロ以内ね、と最初に言われました。

 

それ以上の減量はダメだと。急激な減量については心配されなくても、糖質制限しながらもなかなか痩せなかったので、杞憂でしたが。

 

人間は、太るのも急激ではないように、痩せるのも急激にならないようになっているのです。現状維持か、痩せるにしても太るにしても、徐々にということです。

 

そのような身体の仕組みになっているのですから、急激なものは、内蔵にも負担をかけるそうです。

 

それと、急に痩せると、皮膚のたるみを起こすそうです。お腹まわりがそうですが、顔も、ほっぺたあたりがそうなるとのことでした。だからこそ、腹筋運動して、痩せるだけでなく、引き締めしないと、美容の面から望ましくないですね。見た目も大事。

 

 リバウンドをおこさないように、少しずつ頑張りましょう

それだからでしょうか、急激に痩せた人はリバウンドがおこりやすいと言われますよね。

 

そういえば、モリタクさんこと、森永卓郎さんのダイエットでもリバウンドをおこさないように、筋トレしたとか言ってましたね。それでも、4ヶ月で20キロ近く痩せたのですからね。モリタクさんも、1ヶ月5キロ、5キロ以内という点ではジャスト、ですね。食事療法と運動療法の両方を取り入れたから、これくらいでもいいのかな。

 

それと、専門の栄養士がついたうえでの痩せ方なので、「安全」を第一に考えているはずです。リバウンドするかどうかは、これからにかかっていますね。

 

リバウンドで思い出したのですが、レコーディングダイエットの岡田氏は、なんか元に戻りつつあるように思うのだけど。

 

なるべくなら、食事だけで急激に痩せるよりも、森永卓郎氏のように筋トレも併用して痩せるといいかなと思います。

 

とかく、サプリメントだけ飲めばがんがん痩せるとか、ガマンしないで痩せられるとか楽な方法を探しがちなのですが(それは、私がよ~くわかっています)、少しは努力も必要なのです。

 

さらに言えば、個人輸入した痩せ薬なるものを飲んで、らくらく痩せるみたいなものは危ないなと常々思っております。

 

そのような夢のような薬は、実は効果がないか、もし効く場合は、生命も危うい状況になることを知っておいたほうがいいですね。それだけ、人間の身体は、飢餓に耐えるようにできていて、ちょとやそっとじゃ痩せないようになっているのです。まして、手軽に飲むだけ、なんてものは。厚生労働省のサイトでは個人輸入して重篤な病状になった例などが載っていますよ。

 

糖質制限だって、今まで炭水化物が大好きな人には苦痛ですし、お菓子売り場にいってごらんなさい。糖質だらけですよ。その誘惑に負けない必要があります。また、すでに痩せている人には、糖質制限ダイエットは適正な体重で安定すると言われていますので、BMIで「痩せ」に入っているのに、更に痩せよう、もっと痩せようという人には、これまた夢のようなダイエット方法ではないですね。

まとめ

急激に痩せることを目標にするのでなく、いかにリバウンドさせないか、徐々にでも減らすようにしていくかが重要ではないかと、自分を棚にあげて思うのです。