読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁とヨーグルトで糖質制限しながらダイエット中のブログ

毎日、青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、20キロ減を達成

体重計は、タニタのこれにしたけれど

ダイエットの話題 ネット商品

体組成計というのが正式ですが(タニタの体組成計、フィットスキャン)

 

今までにも書いたと思うのですが、私の糖尿病が発覚するまで家の体重計は壊れていました。動くは動くのですが、測るたびに違った値が出てきてまったく信用ならんものでした。

 

それで今回、糖尿病が発覚し、覚悟を決めました。今までのようなアバウトではいけないと。

 

コンマ以下も気にすると。200g増えたら悲しむくらいになろうと決意して体重計と言いますか、体組成計を買いました。

 

体組成計なんて、ダイエッターにとっては、基礎の基礎!と言われるかもしれませんが、アバウトだったもので。さて、どんなものでしょうか。

 

じゃ~ん、これです。

f:id:rumimarusr:20160724020122j:plain

 

さすがに、ダイエットをしよう!という方で、今まで体組成計が壊れていたとか、アバウトだったから、「これから買おうかしら」と思う人もいないとは思いますが、一応、ご紹介。

タニタの体組成計だから

選んだ理由は、タニタだから。

 

それだけでは理由になっていませんね。

ボタンになっていて、どれを押せばいいのかわかりやすかったのと、シンプルだったので選びました。筋肉量がどうだとか、複雑なものはやめておこうと思っていました。体重だけでもいいくらいですが、体組成計に。

 

厚さも薄型ですし、全体がA4くらいの大きさです。

 

前のアバウトな体重計は、厚みが5倍くらいありました。だから、私にとっては紙ペラのような感覚です。

 

ただ、この機種ですが、デザインはシンプルでいいのですが、家族で登録するのが面倒です。

 

1番さん、2番さんのように登録できるのです。体重だけでなく、体脂肪率、内臓脂肪レベルまで測ることができます。この内臓脂肪がクセモノなのですよね。

 

皮下脂肪よりも内臓脂肪に気をつけなさいと言われます。私は、皮下脂肪タイプですが。

 

これらが測れるのはいいのですが、前回の数値を記憶するため、それの呼び出しのため、これから測る人は、2番の人ですと教えないといけないのです。

 

そのために、測るまでの作業が長い。ながい。

 

なので、今は体重だけにしています。体重だけなら、オンのボタン押してですぐに測ることができますから。

 

それにいちいち、体脂肪率だのなんだのと、覚えていても仕方がない(こういうところがアバウトなのでしょうが)。

 

もし、きっちり把握したいと言う方には、こちらのほうがいいでしょう。

 

 

 

型番のFS-102-WHの中の数字が102となっていることからわかるように、後続のものです。

 

これは、優れものですね(私は持っていないけど 笑)。「黙って座ればピタリと当たる」、という占い師ではないですが、体組成計に乗れば、「乗った人をピタリと当てる。乗るピタ機能」がついています。

 

これなら、いちいち、私は3番とか、あなたは2番とかやらなくてもいいのです。

 

乗るだけ。

 

本当に、電源のオンボタンさえ、押さないでもいいのだそうですよ。

 

すごいですね~。乗るだけでスイッチが入るのは便利です。

 

ね、こちらのほうがいいでしょ。でも、いいですよ、私は101のほうを買ってしまったので、使い続けます。

 

102の機種が簡単でいいなと思ったら、こちらです。

 

>>>タニタ 体組成計 フィットスキャン FS-102-WH(ナチュラルホワイト)