青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

NHKガッテンの糖質制限ダイエットの番組を見ました

「追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴」の回をみました

 文字通りのお話ですが、ガッテンでも糖質制限ダイエットなのだなぁと。

f:id:rumimarusr:20160712151704j:plain

世の中、あれほど脂肪は取ってはいけないと言われていたのに、今や、糖質ですよ。

詳しくは、サイトのほうを見ていただくとして。

追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴 - NHK ガッテン!

 

とりあえず、感想です。

 

アメリカの兵士の栄養状況の話が怖かったです。どれくらいカロリーを減らしても戦うことができるかの実験です。カロリー制限しながら、運動するのです。そうしたら当然、痩せますよね。

 

痩せてガリガリになったら、なぜか心臓が小さくなっていました。糖分が心臓に行かないからなのかなんなのか、私には、なぜなのか、よくわかりませんが。

 

同じように、糖質制限ダイエットで、いつもの食事から糖質、といいいますか、炭水化物を抜いたら、カロリーはマイナスですよね。ヘタすると、いつもの食事の時より、カロリー半分なんてことにまでなりそうです。痩せてガリガリになる、体力がもたない、筋力が落ちる、ひどい状況になりかねませんよ。

 

それで番組では、脂質やタンパク質をしっかり補いましょうということでした。

 

それが、ダイエッターには、カロリー制限の頭のままですから、タンパク質はいいとしても脂質が取れないのではないでしょうか。

 

まぁ、私は普通体型の人のダイエットには、糖質制限食はどうかな~と思っている人なので(果糖たっぷりの清涼飲料水をがぶ飲みするのはやめたほうがいいですし、できれば減らすのはいいかと思います)、おそらく、普通の方には糖質制限とはいいながら、そんなに続かないでしょうから、中途半端に炭水化物を摂取していくくらいで、いいんじゃないでしょうか、気軽に。

 

私のような体重の人や、糖尿病を抱えた人(私は、そのどちらにも含まれるがw)の場合は、血糖値を下げる、体重を適正に、せめてBMI25以下にする目的がありますので、続ける意味がありますが。

 

そういえば、番組の中で、もうひとつ、怖いシーンがありました。

 

牛のコラーゲンと、骨を使った実験です。1つは、糖分があるものに漬けておきます。比較のため、もうひとつは水だったかと思いますが(ところどころ記憶があいまい)、とにかく糖分なしです。

 

2週間後、糖分につけておいたコラーゲンは、固くなり茶色くなっていました。老化ですね。骨も、一方は白いままなのに、糖分入りのほうは、茶色くなって、さらにもろくなっていました。

 

糖分、怖いですね。ですから、普通体型の人は、ダイエット目的でなくても、ご飯くらいはいいとしても(食物繊維も入っているし)、なるべく清涼飲料水を飲むのをやめるとか、ぶどう糖果糖液糖あたりに、直結しそうなものは、避けておいたほうがいいと思います。

 

まとめ

糖質制限ダイエットは、糖尿病の人のためが最初の頃の話だったと思いますが、食べたいだけ食べて痩せられるというダイエット目的になっています。番組では、あまりにも炭水化物を取らない糖質制限とするよりも、少しはご飯を食べる(いつもよりは少なめ)、おかずはいっぱい、という方法を紹介してました。普通体型の人は、清涼飲料水がぶ飲みとか、甘いシロップをかけた、かき氷を2個、3個と平らげるようなことは避けて、ご飯少なめからやってみる、くらいでいいんじゃないでしょうか。