読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

糖尿病がわかって糖質制限を始める日までのこと

糖質制限食に出会う前

自分の記録用といいながら、説明だとか書いていて肝心の日々の記録を書いていませんが(笑)、とりあえず、開始した頃の話を書きます。今回は、開始直前の話から。

f:id:rumimarusr:20160630134153j:plain

糖尿病だと指摘されて、ショックを受けて、とにかく、痩せないといけないことはわかりました。

 

痩せると、糖尿病もよくなる場合が多いらしいと。その分、痩せているのに、糖尿病になっている人は、食事療法や運動療法をやってもあまり変化がないのかもしれませんね。

 

それだけ、デブは、ふくよかな私のようなタイプの人は糖尿病に対処しやすいのかなと。食事制限すれば比較的いい方向に向かうのだなと理解しました。

 

それには、ダイエットです!!!

 

糖尿病が発覚して、数日後に「栄養指導」が入りました。今までの良くない食生活をいいました。

 

毎日、せんべいを食べていたこと。夜はお米を食べ過ぎていたこと(茶碗2杯も)。

ケーキや甘いものも好きなこと。朝は、パンとバナナという、炭水化物オンリーといえるような生活です。

 

これでは、血糖値が上がるのもムリありません。私の場合、あまり肉は好きではないので、毎日、カツ丼、牛丼の人ではありませんが、それよりも炭水化物です。炭水化物多すぎでした。

 

美味しいラーメン屋さんに、目がなかったし。

 

野菜を食べるのを多くして、食事の時は野菜を先に食べること、汁物を先に食べてお腹を膨らますことを言われました。

 

野菜好きなので、これはできます。

 

トマト1個丸かじりもできますし。あまり嫌いな野菜はないですね。あっ、ごぼうが苦手かな。

 

このような炭水化物、それも食パン、ご飯のような血糖値が急上昇するタイプが好きだったので、当然のことながら、グルコーススパイクと言われる、血糖値の上がり下がりがキツイものがあったのでしょう。体調不良はありました。

 

機能性低血糖症というのかしら。たびたび、異常な空腹感や、めまい、吐き気、冷や汗がありました。

 

でも、なにか食べると治ったのです。このような生活を続けていれば、糖尿病へとまっしぐらだったのでしょうね。

 

とにかく、栄養指導が始まってから、玄米ごはんのパック、玄米粥のレトルトを買いまして、これを主食にしました。

 

あとは、サラダを多くして(ドレッシングはかけるのでなく、つけるようにして)、おやつは五穀クッキーのようなものです。焼き魚や豆腐をよく食べるようにしました。

 

ヘルシー(と世間で言われている)なものを多く、取り入れました。カロリーを気にして、1600キロカロリー以内にしました。

 

そうすると、頭がくらくらしてきました。今までいかに高血糖に身体が慣れていたのかよくわかります。

 

カロリーが少ないので、お腹もすきますが、なにより、このくらくらするのが困りました。髪をあらってバサッと顔を上げたくらいで、ふらつくのですから。

 

自分ではこれだけカロリー制限したら、かなり痩せたのではないかと思ったら、1週間後の体重は、それほど変わらず(この時は、古いタイプの体重計しかなかったので正確ではなかったですが、その後、最近タイプの体重計を買いました)。

 

ダイエットの道が遠いと感じたのでした。