青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

ダイエットと栄養

前回のブログで、思い出したことがあります。

 

f:id:rumimarusr:20160628213942j:plain

ダイエットに関して、偏りのないバランスが取れた食事を!といいますが、それに関して半年ほど前にネットで話題になったことを書きます。

 

それは、厚生労働省の発表についてです。

平成26年「国民健康・栄養調査」の結果を発表した時の話です。

 

これは、報道もされたし、ネットのニュースにもなったので、主にツイッターで話題になりました。

 

厚生労働省のページ

平成26年「国民健康・栄養調査」の結果 |厚生労働省

 

「 所得により生活習慣の状況に差、健診の未受診者で健康状態に課題」という副題(?)らしきタイトルもあるように、所得によって、栄養の取り方に差があるということでした。

 

ネット民の反応は、こちら

厚労省「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか」は後世に残る名文と話題に - Togetterまとめ

 

厚労省「低所得の人は食事の栄養バランスが悪いから見直すべき」→お金がないからできないんですけど - Togetterまとめ

 

一番話題になったのは、この部分でしょうね。 

 

所得の低い世帯では、所得の高い世帯と比較して、穀類の摂取量が多く野菜類や肉類の摂取量が少ない、習慣的に喫煙している者の割合が高い、健診の未受診者の割合が高い、歯の本数が20歯未満の者の割合が高いなど、世帯の所得の違いにより差がみられた。

 

低所得の人は、「穀類の摂取量が多く」それなのに、「野菜や肉類の摂取量が少ない」という結果だったそうです。

 

これって、まさしくロカボの逆ばりです。糖質制限食は、炭水化物を少なくし、野菜や肉類を多く取るのでした。

 

お金がないから、野菜や肉が買えないとか、書かれてました。私も、リアルタイムで見てました。

 

なかには、とにかく菓子パンで空腹をしのぐだけ、とか、インスタントラーメンを利用しているとか、炭水化物なのですよ。

 

野菜も無しの炭水化物。さらに時間がないから、手軽なもので済ませてしまう。

 

若いうちは大丈夫なのでしょうが、健康に過ごせるとは思えません。

 

炭水化物を制限する、ではなく、炭水化物ばかりの食事。

 

鶏肉を利用する、もやしや白菜など安めの野菜を取るなど、できる範囲で工夫してもらいたいです。確か、その時、肉や野菜を使って、こういう料理が安くできるというものもツイッターで流れてました。豆知識のようなものです。

 

それでも、お金って、スマホ代などに消えていくのだろうけど。

 

中には、奨学金を返すためというものもあって、涙無くして読めません。

 

金持ちだけが健康で長生きできる、でいいのだろうか。

 

とにかく、炭水化物だけっていうのは、身体によくないよ。