青汁と乳酸菌で糖質制限しながらダイエット中のブログ

青汁とヨーグルトを食べ糖質制限でダイエット(最初の2ヶ月は痩せなかったのに)しながら、痩せていく過程を書くブログ。現在、24キロ減を達成

糖質制限の記録としてブログ始めます

自己紹介

自己紹介と書きましたが、どちらかというと糖尿病になったという病気紹介です。

f:id:rumimarusr:20160628170221j:plain

 

身体の不調、手のしびれ、夜中の動悸が気になり、病院に行ったことから、糖尿病が発覚しました。自分としては、50代になり、更年期障害かなと思っていました。

 

体重計が壊れていて、図るたびに違っていたため、体重さえ図らず、さらには仕事が忙しくて健康診断も受けずにいました。もう完全なる不良患者です。

 

健康診断は受けていませんでしたが、何か病気があるごとに、病院では血液検査をたびたび受けていました(主に婦人科系)。貧血もないし、血液に問題ない、と言われていたのですけどね。

 

さて、体重ですが、病院で測ったら78キロもありました。BMIが30越えです。あの、デブ体格が立派なアメリカの基準でさえ、BMI30以上が肥満です(日本は確か、25以上だったかと)。

 

知らない間に太りすぎていました。確かに、最近、よく食べていたと妹に言われました。

 

さらには、新車になってクルマを使う生活。まるで、アメリカ人のような生活です。しかし、彼らは糖尿病には強いと言われています。日本人よりもずっと。それなのに、同じようなクルマ中心の生活ではいけませんね。

 

私自身は、それほど肉好きでもなく、魚のほうが好きで、玄米も好きでした。葉っぱモノ、サラダも好きでした。それと同時に、いや、それ以上に、お米が好きでした。パンも好きでした。甘いもの好きでした。

 

食事としては、ヘルシーと言われるものが中心でしたが、あまりにも炭水化物多い生活でした。

 

アイスクリーム、ケーキ、和菓子も好きでした。

 

そう思うと、糖尿病になるべくしてなったということです。

しかし、その前に、予兆はあったのです。

 

機能性低血糖とか、低血糖症と言われる状態にそのまま当てはまっていました。食後高血糖ともいうみたいです。

 

このような状態が続くと、早晩、糖尿病になると言われていますよね。

 

甘いモノや炭水化物を食べ過ぎて、血糖を抑えようとインスリンがどんどん出ると、今度は低血糖になります。

 

興味のある方は、「グルコーススパイク」を検索するとわかります。

 

糖尿病の人でインスリン注射を打つと、時に、低血糖を起こすことがありますが、それに近い状態です。

 

まずは、集中力がなくなります。変な空腹感、気持ち悪さ、お腹に食べ物がないのに、吐き気、動悸、変な冷や汗などで、立っていられなくなります。

 

しかし、少し食べ物を食べて15分ほど経つと、治るのです。

 

インスリンが遅れて、どばどば出ていたのでしょうか。血糖値の高い低いが続いていたのだと思います(その時代、血糖値を測っていないので、確かなことはいえませんが)。

 

私のランゲルハンス島くんは、疲れきっていたのだと思います。

 

病気紹介といいながら、あまりにも長くなりましたので、これからおいおい記事を加えていきます。